高額療養費制度とは

高額療養費制度とは

医療費の自己負担割合は通常3割ですが、重い病気などで長期間入院したり治療したりすると、自己負担が高額になってきます。このような場合の負担を軽減するために、一定の金額(自己負担限度額)を超えた部分について健康保険が負担してくれる制度があります。これが高額療養費制度です。

 

高額療養費制度の存在について、社会的認知度は上がってきている感じはあります。

実際、お客様のご意見の中で、『高額療養費制度があるから、医療保険は必要ない!!!』と断定的におっしゃることがあります。

けれども、この高額療養費制度は、毎月80100円~(4か月目から44400円)を超える医療費については、国が面倒を見てくれるのですが、三か月までは毎月8万、4か月目以降はずっと、44400円を支払わなくてはなりません。

実際、私の母が入院しましたが、通常の生活費の中から毎月8万円が飛んでいきますので、きちんと蓄えを持っている方でなければ、厳しい資金繰りになるのは間違いないです。

 先進医療という、国民皆保険制度ではカバーされない分野もありますので、やはり、民間の医療保険を利用して、万が一の時の備えをするべきではないでしょうか?

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × 5 =