医療保険の入院給付金の限度日数

医療保険の入院給付金の限度日数 

医療保険の入院給付金は限度日数があります。1回の入院につき○○日、通算1095日という風に、1回の入院についての上限があります。

1入院につき60日が限度ということは、3か月入院をした場合は、最初の2か月は出るけど、残りの1か月は出ないという事です。

 

この『1入院につき○○日』というのは、生命保険各社バラつきがあります。

ある共済は365日型だったり、ある会社は180日型だったり、ある会社は30日型だったり。。。けれども、現在の多いパターンは60日型のような気がします。

 

それぞれの保険会社によっても考え方が違いますし、それぞれのファイナンシャルプランナーの考え方も違います。

重要なことは、要はお客様が医療保険をどのリスクに対応させたいのか?によって、限度日数は違うという事です。

 

例えば、スポーツが好きでちょくちょく怪我をしてしまうという方は、ギブスをハメてすぐ退院になってしまうので、60日型にニーズを感じるかもしれません。

 

あるいは、親も病気がち、兄弟も病気がち、自分も健康に不安を感じていて、不安で夜もよく眠れないという人は、365日型にニーズを感じるでしょう。

 

ニーズを感じるポイントは、人それぞれです。

 

あとは、国や厚生労働省の方針です。

 

厚労省の方針は、『入院治療から在宅医療への変換』です。

 

ということは、どういうことでしょう???

 

入院治療は短くなり、通院治療や在宅往診が増えるという事だと思います。

 

国の方針について、皆さんそれぞれがどのように判断するのは自由ですが、事実は正確に把握しておいた方が良いかもしれません。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four × four =